印刷する人

お店の宣伝方法にはいろいろなものがあります。
テレビ広告や街中の看板広告、チラシやフライヤーを使った宣伝方法があります。
チラシやフライヤーの特徴や、選ばれる紙質などについて見ていきましょう。

■チラシの役割
チラシには、散らす、散らしといった意味があります。
チラシのほとんどが住宅に配られる新聞に織り込まれている事が多く、折り込みチラシと言われています。
近日に行なわれるセール情報を伝える為によく活用されます。多くの人が自宅で目を通す事が多いので、その内容の情報量はとても多いです。
語源の通り、多くの住宅に散らして、お店の知名度と情報を広める事を目的としています。

■フライヤーの役割
フライヤーはお客様に、お店の事を覚えてもらう為の名刺と同じような役割を持っています。
数多くの住宅に配られるチラシとは違って、お客様の興味を引いて手にとってもらうものです。
その為、フライヤーのデザイン性はとても重要で、お店の客層に合わせたフライヤーにする事も有効な手の1つです。
自身のお店だけではなく、他のお店と協力してお互いのフライヤーを置いている事もあります。

■チラシの紙質
チラシは近日のセール情報を伝える為のものなので、お客様に長期的に取ってもらう事を前提にしてはいません。
新聞に折り込まれている事から、他のお店のチラシも挟まれているので、薄い紙を使用しています。
印刷部数もとても多い上に、商品を分かりやすくする為にカラー印刷にする為、費用は少し割高になりますが、使用する紙質は最も安いものが選ばれています。

■フライヤーの紙質
折り込みチラシとは違って、お客様に長期的に取ってもらう事を目的とした名刺のようなものがフライヤーです。
フライヤーには厚手の紙を使用する事が多いです。人と名刺交換をした時に、相手から受け取った名刺がペラペラの薄い紙だと安物に感じてしまうでしょう。
費用が多少割高になってしまっても、お客様に取ってもらう為には、上質の紙を使用するところが多くあります。

■掛かる費用
チラシやフライヤーを印刷するのにはもちろん費用が掛かります。
印刷費用は、印刷部数、紙のサイズ、カラーの数、紙質などで変わっていきます。
印刷会社によっては、定期的に利用する事でお得になる事もあります。利用する印刷会社をしぼった方が長い目で見て割安になる可能性もあるでしょう。

オススメリンク

掛かる費用

チラシもフライヤーも発注して印刷するのには費用が掛かります。
ペラペラの薄いチラシは、厚手のフライヤーと比べて割安です。
使用するカラーの数、印刷部数、紙のサイズによって費用は変Read more

フライヤーの紙質

フライヤーは、その日のお得情報ではなく、お店の情報を印刷したお店の名刺のようなものです。
お店の中でも、最もお客様の目に止まりやすいところに置いている事が多いでしょう。
他のお店Read more

チラシの紙質

チラシは新聞に折り込まれる、お店の販売促進物です。
新聞に折り込まれるチラシは時に枚数が多くなります。
かさばり過ぎないように、チラシの紙はほぼ全て薄い紙である事が多いでしょう。Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年4月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930